最初の投稿が、Audiostockで落選した曲の紹介というのもなんだかなあとは思いますが、

ぜひ皆さんには聞いていただきたいと思い、恥を忍んでご紹介します。

今回の「Serious Documentary」は、シネマティックな曲で、題名の通り、深刻な、真剣なドキュメンタリー番組のBGMを想定して作曲しました。

ピアノの暗い和音から始まり、2台目のピアノが高い音域で動き始め、その後シンセプラックがあとを追いかけます。

その後、メロディラインはトランペットが、バックではストリングスが流れ、その後、叫ぶかのようなソプラノを含んだ3声のコーラスが入ります。

最後は、二胡の物悲しいメロディと共に曲が終結していきます。

シネマティックなパーカッションも印象的です。

かなりの自信作ではあったんですが、今は求められていない音楽だったんですかね…

よかったらこの下に置いてありますので、ぜひお聞きになってみてください。

 

Serious Documentary

 

Visited 16 times, 1 visit(s) today